矯正治療

矯正治療

矯正治療は、「歯並び」や「噛み合わせ」を治すだけではなく、食べ物をよくかめるようにすること、良い発音ができるようにすることを目的としています。歯並びや噛みあわせの異常を「不正咬合」といい、その要因は様々で、遺伝のほか、指しゃぶり、鼻の病気などによってもおこります。不正咬合は生命にかかわる病気ではありませんが、そのままですと見た目の悪さだけでなく、その種類や状態によって色々な問題がおきてきます。

※第一金曜・土曜は「矯正の専門医による相談会」を実施しております。歯並びに悩んでいる方、金額等も含めて責任を持って対応いたします。尚、相談料は一律3,000円になります。

● 矯正装置の種類について

クリアタイプ
メタルタイプ:歯になじんで、目立ちにくい!
ワイヤーは金属ですが、ブラケット部が透明で、歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

● 小児矯正について

小児矯正とは、子供の時期に行う矯正治療のことです。歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。その理由は、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。

  • アゴの成長をある程度コントロールできるので、良い治療結果が得られやすい
  • 大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、矯正の治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすくなる
  • 大人になってから矯正を行う必要がなくなる場合がある
  • 矯正期間中は1~2ヶ月おきに歯科医院へ通う必要があるので、その時についでに虫歯の予防をしてもらえば非常に効率的に虫歯予防ができる

● 不正咬合(悪い歯ならび)が心身に与える影響

● 不正咬合の種類

叢生 開咬 上顎前突 下顎前突

● 「不正咬合」 と 「顎関節症」 の関係

歯並びが悪いとかみ合わせの不都合が生じます。不正咬合は歯やあごに負担をかけ、顎関節症を引き起こします。顎関節症には、あご周辺の筋肉痛、あご関節の痛みや不快感、口を開けるときにコキッと音がして、耳のあたりまで痛くなる、あごが痛くて口を開けないなどの症状のほか、首や手足にまで痛みをともなうことがあります。

● 症例集

叢生(そうせい)

歯と歯が重なり合っている「八重歯」や「乱杭歯」のことです。

開咬(かいこう)

奥歯は咬んでも前歯は咬み合わずに開いている状態です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が下の歯より前に突き出ているかみ合わせで「出っ歯」のことです。

反対咬合(はんたいこうごう)①

下の歯が上の歯よりも前に出ているかみ合わせで「受け口」のことです。

反対咬合(はんたいこうごう)②

上へ戻る

インプラント治療
最新の医療技術で失ってしまった自分の歯を機能と見た目ともに蘇らせる治療です。
ホワイトニング治療
歯を美しく治療するだけでなく、機能性も含め、総合的に歯を美しくする治療です。
矯正治療
歯並びの悪さは見かけの悪さだけでなく、色々な障害を起こす可能性があります。
訪問歯科
通院できずにいらっしゃる方、入院中の方々を対象に往診をしております。
入れ歯
噛む機能を回復するための入れ歯を提供しています。

今すぐ診療予約したい方に!「オンライン診療予約」

AED設置施設 当院はAED設置施設です。患者さまの安全・安心を第一に考えています。

当院は、八戸保健医療専門学校の実習施設です。

院内Wi-Fi接続可能 無線飛んでます!!

モバイルサイト